エアコン取り付けで気になる設置工事の内容

エアコン取り付けは、もともと設置してあったものと交換する場合、割と簡単に済ませることができますが、新規に設置する場合は、時間も費用も掛かってしまいます。

エアコン取り付けの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

室内機を設置するとき壁面が多いですが、強度がある壁かどうか調べる必要があり、水平に固定できなくてはなりません。しかも十分に機能を果たすためには、部屋の広さや間取り、電源などに合わせてエアコン取り付けをする必要があるため、設置できる場所が限られてきます。



室外機の設置もベランダ、テラスあるいは地面に設置するときに水平が保て、排気口の前方に十分なスペースが確保できなければなりませんし、ドレン配管も排水された水が建物等に悪影響をおよばさないようにすることが大事です。
配管や配線のために壁に穴あけが必要になりますが、これも家の強度にかかわってくるのでどこでもいいわけではありませんから、壁の構造などを見ながら行っていく必要があります。
安全のため、エアコン取り付けの時はアースも接続が必要です。
初めからアース端子が設けられている家であれば、比較的簡単に済みますが、無い場合にはアース接続のための作業も必要になります。

電気店からエアコンを購入すると、工事費込みの金額になっている場合がありますが、あくまでも標準工事の価格によるもので、建物の状況によっては追加工事を行わなければ設置できず、費用がプラスになる恐れがあります。


作業前に追加工事が発生しないか確認し、発生するときは見積もりをしてもらいましょう。